個人情報保護方針

制定日 平成19年 2月1日

株式会社 清光社
代表取締役社長 豊吉康夫

株式会社 清光社(以降、当社と略す)は、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号)及び関連諸法令等の遵守を図る為、以下の各項の施策を実施いたします。

1. 個人情報に関する規程類の整備

個人情報の安全管理に関する社内規程の整備を図り、その収集・利用・保管・消去等に関する取扱いについて明確な指針を示すことで全従業員に周知徹底いたします。

2. 個人情報の管理体制の強化

個人データ管理責任者を設置し、その役割と責任を明確にし、個人情報取扱事業者として個人情報保護に関する業務を適切に遂行できるよう体制整備を行います。お客様より取得した個人情報は、毀損・滅失・改竄・漏洩等が起きないよう適切かつ厳重に管理するとともに、その正確性の維持に努めます。

3. 個人情報保護の取り扱い

(1)個人の権利の尊重
当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対し、開示・訂正・削除を求められた時は、合理的な期間内に妥当な範囲内でこれに応じます。

(2)目的外利用の禁止
お客様より取得した個人情報は、法令などにより認められた場合を除き、お客様の同意を得ないで、あらかじめ明示した利用目的の範囲を超えて利用することはいたしません。

(3)安全対策の実施
当社は個人情報が社外に流出し、もしくは不当に改ざんされるなどのトラブルを引き起こさないように社内の管理規定を整備し、合理的な安全対策を講じそれを実施します。

4. 利用目的など

当社は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、お客様の個人情報を受注業務遂行上必用な業務外では使用致しません。また、当社は、業務を円滑に進めるため、業務の一部を委託し、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがありますが、この場合、当社はこれらの業務委託先との間で取り扱いに関する契約の締結をはじめ、適切な監督を行います。

5. 機微情報の取扱い

当社は、政治的見解、信教(宗教、思想及び信条を言う)、労働組合への加盟、人種及び民族、門地及び門籍及び本籍地、保健医療及び性生活、並びに犯罪歴に関する情報(以下「機微(センシティブ)情報」と言う)については、次に掲げる場合を除くほか、取得、利用または第三者提供は行わないこことします。
(ア) 法令に基づく場合
(イ) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
(ウ) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
(エ) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
(オ) 機微(センシティブ)情報に該当する生体認証情報を本人の同意に基づき、本人確認に用いる場合

以上

◆個人情報に関する連絡先
個人情報保護に関するお問い合せは、下記「個人情報に関する相談窓口」までお願いいたします。
「個人情報に関する相談窓口」
メールアドレス  info@sks-seikousha.co.jp

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー